「フィギュアの話題」カテゴリーアーカイブ

トリプルアクセル2度成功で圧巻シニアデビューの紀平梨花「ここで満足してられない」

デイリースポーツ によると。

 フィギュアスケート女子で、シニアデビュー戦となったオンドレイ・ネペラ杯(スロバキア)で優勝を飾った紀平梨花(16)=関大KFSC=が24日、関西国際空港に帰国した。

 フリーでは代名詞のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を2本決め、今季世界最高得点をマーク。合計点218・16点は、新採点が導入されたばかりだが、今季世界2位の好スコアだった。華々しいシニアデビューを「去年の世界ジュニアが悔しかったので、シニア初戦から気合を入れていた。SPは緊張して、このままではダメだなと思ったけど、しっかり自分を分析してフリーは思ったとおりの精神状態で挑めたかな」と、充実した表情で振り返った。

 フリーでのトリプルアクセル2回成功は、国際スケート連盟(ISU)公認大会では、浅田真央以来2人目の快挙。出来栄え点(GOE)でもともに2点以上の加点が付く高評価を得た。「国際大会での2本成功がっていうのはあまり知らなかったんですけど、自分の練習してきたことをとにかく色んな方に見てもらえたらと思っていた。2本成功できたのは、いいスタートを切れたのでうれしいし、次の試合ももっと集中して頑張りたい。ここで満足はしていられない」と、力強く語った。

 シニアGPデビュー戦となるのは、NHK杯(11月9~11日・広島)。その前週に行われる西日本選手権(11月1~4日・名古屋)からの異例の連戦で挑む意向を示した。元気いっぱいの16歳は「できるだけ試合を入れた方が慣れるかなと思って。連戦は悩むところだったけど、それでも慣れる方が優先。2週続けてっていうのはあんまりなかったですけど、挑戦して頑張ってみようかなと思います」と、笑顔で意気込んだ。

羽生結弦が「4回転アクセル」を目指す理由

週刊SPA! によると。

今上天皇の退位で、来年には幕を下ろす予定の平成。そんな平成とはいったいどんな時代だったのだろうか……と振り返りたいところだが、最近はなぜか「昭和かよ!」と言いたくなるような騒動や事件が続出している。そこで、さまざまな分野の昭和・平成の状況を比較。それぞれの時代の良しあしを確認して勝敗をつけながら、新時代に何を残すべきかを考えていく。

◆相対評価・減点方式“昭和”の旧採点vs加点方式“平成”の新採点

 男子としては66年ぶり、羽生結弦の五輪連覇となった平昌五輪・男子シングル。これは男女通じて、新採点では初の快挙だ。

「女子シングルでは、東ドイツのカタリナ・ヴィットが’84年のサラエボ、’88年のカルガリー五輪で連覇を達成しています。が、これは旧採点時代の話。羽生選手とは、ジャッジシステムが異なります」

 そう話すのは、フィギュアスケート指導者の佐野稔氏。2004―2005シーズンから導入された新採点に比べ、旧採点は実績のある選手に有利に働きがちだったという。

「技術点と表現点の合計で競いますが、6.0満点からの減点方式。しかも相対評価なので、ネームバリューも大きい。五輪金メダリストも、世界選手権の表彰台経験者が多数を占めていました」

 対して新採点は、技術点と演技構成点の合計。技術点は全要素に基礎点があり、成功すれば出来栄え点が加わる(失敗すれば減点)。演技構成点も5項目の合計だ。

「相対評価ではないため難度を上げてノーミスすれば、新人でも勝てる可能性が。アリーナ・ザギトワ選手はデビュー年に五輪金です」

 また、新人に負けじと実績者も励みになるのが新採点。羽生選手が4回転アクセルを目指す理由だ。

「実戦で成功すれば、もっと追随できない存在に。彼のジャンプの質なら、実現可能かもしれません」

 新採点は、アスリートの飽くなき探求に繋がっているようだ。

浅田真央、石川佳純と笑顔の初対面「2020年頑張って」

エンタメOVO によると。

 エアウィーヴ新商品発表会が19日、東京都内で行われ、フィギュアスケート元世界選手権女王の浅田真央、卓球の石川佳純選手が出席した。

 2011年から同社のブランドアンバサダーを務める浅田は、艶やかな和装で登場。普段はスパッツにジャケット姿だといい、「着物だと『しっかりしなきゃな』と姿勢が正されます」と照れ笑いを浮かべた。石川選手は、“洋”をコンセプトとした赤いスカート姿を披露し、「こういうおしゃれな服を着る機会がないのでうれしいです」と声を弾ませた。

 この日が初対面となった2人。浅田は石川選手について「きょう実際にお会いしたら、思ったより小柄。すごく年下かと思っていたら2つしか変わらなくて驚きました」と印象を語った。

 浅田が憧れの存在だという石川選手。これまでの五輪での浅田の姿からパワーをもらっていたといい、「特に印象的だったのはソチ五輪のフリー。私も海外にいたのですが、どうしても見たくて、夜に一人で起きて部屋で見ながらずっと感動して泣いていました」と振り返った。また「それまでの道、その後の姿も拝見し、本当にすごいなと心から尊敬できる存在です」と熱い思いを伝えた。

 浅田は「恥ずかしいですが、そう思ってもらえてうれしいです」とにっこり。「アスリートの生活ってすごくストイックだし、日々大変だと思う」と石川選手を労いながら、2020年東京五輪に向け、「頑張ってほしい。とにかくけがをしないようにして、最後まで自分の目標をかなえてもらいたい」とエールを送った。

宇野昌磨「手は問題ないです」

日刊スポーツ によると。

平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)銀メダリストの宇野昌磨(20=トヨタ自動車)が104・15点と好演技を披露し、首位発進を決めた。新ルール適用で今季前に得点記録がリセットされたが、それでも自己ベスト104・87点に迫った。昨季世界選手権5位の友野一希(20=同大)は75・47点の5位。宇野の主な一問一答は以下の通り。

-104・15点は今季からの新ルールになって最高得点

宇野 試合前に靴ひもを強く結びすぎて、滑った直後は「どうなるかな」って思ったんですけれど、ちゃんと練習してきたものが出せて、良かったなって思いました。(靴ひもは)全然どうでもいい話なんですけれど、そうなりました。

-見てほしかった部分は出せたか

宇野 (連続トーループが)4回転-2回転になったのと、(トリプル)アクセルの着氷がちょっと詰まってしまった。そして何より、ステップがもっとエネルギッシュにいくべきだったと思うので、そこが次の課題かなって思いました。

-昨季は2位が多いシーズンだった

宇野 僕はどの試合も1ミスから2ミスっていうのを去年ずっと続けていて。それがなかなか抜け出せなくて、ノーミスができないことが、1位につながっていない要因だと思う。今年は去年よりも頻繁に(ノーミス)できるようにしたいです。

-夏場に包帯を巻いていた右手の具合は

宇野 全然大丈夫です。治りました。完治まではいっていないけれど、ついても痛くないので、手は問題ないです。

高橋大輔、現役復帰の決意の裏に勇気ある“キャスター撤退”

東スポWeb によると。

 バンクーバー五輪フィギュアスケート男子銅メダリストで2014年に引退した高橋大輔(32)が1日、都内で会見し現役復帰を表明した。

 昨年の全日本選手権で現役選手の戦いぶりに刺激を受け「とりあえず、1年ということで」と限定復帰を決断。浅田真央(27)にも報告したという。当面の目標は年末の全日本選手権で、平昌五輪金メダルの羽生結弦(23=ANA)や同銀メダルの宇野昌磨(20=トヨタ自動車)との再会も熱望した。

「別次元」と敬意を払いつつ「全日本選手権で最終グループに入って一緒に6分間、公式練習したいなという気持ちはあります」と笑顔で語った。4回転ジャンプも「2種類2回ぐらい入れたい」と意欲を示した。

 一方で引退後、自身の方向性に悩んでいたことも明かした。アイスショーに出演する傍ら、民放のキャスターを務めたが「いろんな話すお仕事とかさせてもらいましたけど、自分はそっちには才能がなかったなと痛感して…。才能があるかどうか別として、向き不向きが人間にはありますので」と苦笑い。

 同時期に引退した織田信成(31)が“号泣キャラ”で大ブレーク。昨年引退の村上佳菜子(23)は明るい性格でお茶の間のハートをつかみ、バラエティー番組に引っ張りだこだ。高橋は現役時代に驚異的な人気を誇ったが、キャスターとして存在感を示すことはできなかった。電撃復帰の裏には“勇気ある撤退”もあったようだ。

 今後は「ゴールはパフォーマーとして生きていきたい」と後進の育成を含めて、表現者の道を追求する。競技者として完全燃焼はその第一歩だ。「自分の体をもう一回、つくり上げる」と前を向いた高橋には、やはり氷上が似合う。