紀平梨花、開花の陰に宮原知子の存在 “健全な競争”作ったコーチの手腕

AERA dot. によると。

 フィギュアスケートでは、優秀なコーチの下に優秀な選手達が集まって練習しているケースが多く見られる。平昌五輪男子シングル金メダリストの羽生結弦と銅メダリストのハビエル・フェルナンデスが、ブライアン・オーサー・コーチが教えるカナダ・トロントのクリケット・クラブで切磋琢磨していたことはよく知られている。また、平昌五輪女王のアリーナ・ザギトワ(ロシア)を教えるエテリ・トゥトベリーゼ・コーチは、アレクサンドラ・トルソワやアンナ・シェルバコワといった4回転ジャンプを跳ぶジュニアの天才少女達も育てており、現在の女子シングルを牽引する存在だ。

 また、日本でも濱田美栄コーチの下で紀平梨花と宮原知子が、また中野園子コーチの下で坂本花織と三原舞依が共に練習を積んでいる。よい指導を受けるとスケートの技術が伸びるのはもちろんだが、チームメイトの滑りに刺激を受け、目で学ぶこともスケーターの成長には大きな効果があるのかもしれない。昨年末の全日本選手権で初優勝した坂本は、「練習から舞依ちゃんがすごく調子よくて、だんだん自分の出来が不安になってきて……そのまま離されてしまいそうな気がしたので、これはまずいと思った」と話している。親友でもある三原だからこそ、坂本にとってはその練習ぶりがいいモチベーションになったのだろう。

 紀平が優勝、宮原が2位と教え子二人がワンツーフィニッシュを果たした昨年11月のNHK杯では、濱田コーチが「二人(を同じ試合に)出すって、やっぱり難しかった」としながらも、次のように話している。

「ライバルは大事です。エネミー(敵)じゃなくて、ライバルは自分にとってすごく大事。いい選手を育てるには、良きライバルが必要。どんなスポーツでも、それはあると思う。『相手を尊重して、大切にしなさい』と言ってあります」

 メダリスト会見でも、紀平と宮原には、ライバルと一緒に練習することについての質問があった。シニアのグランプリシリーズデビュー戦で優勝した紀平は、次のように答えている。

「宮原選手は本当に尊敬しているし、いつも見習ってばかりで、本当にいい環境で見て頂いているなと強く思います。コーチも『敵ではなくいいライバル』と言ってくださっていて、すごくいい環境でいつも練習しているので、感謝したいです」

 また宮原も、常に鍛錬し続ける彼女らしいコメントをしている。

「私も本当にいい環境で、普段からたくさんの刺激を受けて『もっともっと頑張らないと』という気持ちを忘れずに、日々練習することができています。一緒に練習している紀平選手や他の強い選手の自分にはない良さを見て勉強して、自分のものにできるようにしています。コーチからも『それぞれの選手の良さを盗んで、勉強して、自分の足りないところを補うようにしていったらいい』と言って頂いています」

 身体能力が高い紀平がそのポテンシャルを開花させることができたのは、身近に宮原というこれ以上ない努力のお手本がいたからだろう。また、宮原は現在紀平の持つ大技・トリプルアクセルに取り組んでいる。

 フィギュアスケートのコーチには、技術を教える力だけではなく、教え子の間に健全な競争が生まれる指導ができる、人としての力も必要であるようだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください