トゥクタミシェワ 3A決めた!“リーザ劇場”にファンも熱狂自己新153・89点

スポニチアネックス によると。

 女子フリーが行われ、12人中11番滑走のエリザベータ・トゥクタミシェワ(22=ロシア)はこれまでの144・67点を大きく更新する自己ベストの153・89点をマークし、堂々の1位。

 冒頭の3回転半(トリプルアクセル)をクリーンに決めて波に乗ると全てのジャンプに着氷。後半には観衆に手拍子をあおるなど“リーザ劇場”と化した。11日のショートプログラム(SP)は自己最高となる80・54点。合計234・43点も自己最高で、世界ランクでも紀平を抜き、ザギトワ(ロシア)の238・43点に続く2位に躍り出た。

 演技終了後は笑顔。今季GPファイナル3位と復活を印象づけたスケーターは、納得の形でシーズンを終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください