宇野昌磨、前人未踏の5回転トーループ練習に意欲

スポニチアネックス によると。

 男子フリーが行われ、SP3位の宇野昌磨(21=トヨタ自動車)は189・46点で3位。演技後半には、成功すれば国際スケート連盟(ISU)公認大会で世界初となる3回転半(トリプルアクセル)―4回転トーループに挑んだが、トーループの着地で転倒した。

 演技後、3回転半―4回転トーループについて「武器にできるか分からないですけど、何年もかけて武器にできたらいい」と意欲を見せた宇野。「(4回転)ルッツもあるし、それ以上のジャンプも視野に入れたい」と続け、「僕は4回転半は向いていない。ルール的にあるのか知らないですけど、トーループが回りすぎるので、トーループをちょこっとだけ練習できたらと思います」と新たな可能性に言及した。

 報道陣に「それは5回転ということか?」と質問されると、「あまり公言したくないんですけど…。練習するのはいくら公言しても、本番ではやりませんと言えるので。練習はしていきます」と話していた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください