トゥルシンバエワが4回転サルコー成功 シニア世界大会で女子初 初の銀メダル

デイリースポーツ によると。

 女子フリーが行われ、最終滑走のエリザベート・トゥルシンバエワ(19)=カザフスタン=が冒頭に4回転サルコーを着氷させた。女子では五輪、世界選手権を含むシニア世界大会で初めての快挙。フリーで148・80点、合計224・76点を記録し、同国初の世界選手権のメダルとなる銀メダルを獲得した。

 注目された冒頭のジャンプ、しっかりとした踏切から4回転を回りきり、歓声を浴びた。出来栄え点も1・11点を獲得する見事な成功だった。

 連続ジャンプが1つ跳べず、ジャンプ1本分の得点を落としてしまったが、2位という結果を含め、大きな足跡を女子フィギュア界に残した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください