ザギトワ、戦闘機仕様の“新作”導入へ 担当者自信「地球上で最も軽いブレードです」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートの欧州選手権(21日開幕)に出場する平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)が“新兵器”を導入する可能性が浮上した。大会を目前に新しい靴のブレードを作製。今大会で試すとみられ、製造メーカーは実物を画像付きで公開した。担当者も「地球上で最も軽いブレードです」と自信を見せているという。ロシアメディアが伝えている。

「ザギトワのスケート靴のブレードは戦闘機で使われている金属で作られている」と見出しを打ち、五輪女王の“新兵器”に迫ったのは、ロシアメディア「sports.ru」だった。記事によると、ジャクソン・ウルティマ社の担当者がザギトワの新しい靴のブレードについて語ったことを紹介している。

「私たちはザギトワともう1年以上、協力関係を続けています。五輪用を含め、いくつかのブレードを作りました。新しいブレードは私たちの最新の開発です。それは一番良いものになります」

 このように語ったといい、新作に自信を見せた担当者。「ザギトワは特別な注文をしませんでした。彼女と仕事をするのは心地良いです、なぜなら彼女は五輪女王だからという特別な関係を私たちに要求しないからです」と対等な関係でブレードの模索していった経緯についても明かしたという。
製造メーカーは実物公開「製造の時点で、地球上で最も軽いブレードです」
「ブレードは軍艦や戦闘機の製造に使われている航空機用の陽極酸化処理した7000シリーズのアルミニウムで作られています。これは製造の時点で、地球上で最も軽いブレードです。軽量化はスケーターを、より小さい労力でより難しいジャンプを跳べるようにさせる。ステンレス鋼と高品質の材料は競争における強さと耐久力を保証します」

 完成品については「地球上で最も軽い」と太鼓判を押し、ザギトワのジャンプの後押しになるとしている。カラーは5種類あるというが、記事では同社がインスタグラムで公開した金色に輝くブレードの画像も引用し、紹介している。

 2位となったグランプリ(GP)ファイナルに続き、ロシア選手権では5位に終わったザギトワ。ブレードは選手の演技を左右する生命線でもある。欧州選手権で巻き返しへ、軽くなった足元が援軍になるか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください