羽生結弦「一日でも早く、みなさんの応援を受け止められる状態に…」

スポーツ報知 によると。

 日本スポーツ賞(読売新聞社制定)の表彰式が11日、都内で行われた。昨年2月の平昌大会で五輪連覇を達成したフィギュアスケート男子の羽生結弦(24)=ANA=が大賞に選ばれた。

 現在、拠点のカナダ・トロントでリハビリ加療中の羽生はVTRで出演。「平昌オリンピックでの演技は、応援してくださった方々の思いがあってこその演技だったと思います。私にとっても忘れられない時間になりました。まずは治療とリハビリを続け、一日でも早くみなさんの応援の気持ちを受け止められる状態に戻し、日々過ごして行きます。本当にありがとうございました」とコメントした。

 昨年11月のロシア杯で右足首を痛め、GPファイナル、全日本選手権は欠場。3月に埼玉で開催される世界選手権での復帰を目指している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください