高橋大輔、「マンボ」の魅惑のステップに海外感動 「音声なしでも鳥肌」「傑作だ」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートの全日本選手権で高橋大輔(関大KFSC)は合計239.62点で2位に入った。6年ぶりの表彰台に上がったバンクーバー五輪の銅メダリスト。アイスショー「メダリスト・オン・アイス」でも観るものを感動させた情熱的な演技に、海外のスケーターも絶賛の拍手を送っている。

 力強く、かつ情熱的――。緩急織り交ぜた独特のステップで観衆を魅了した高橋。ウズベキスタンのスケーター、ミーシャ・ジーも自身のインスタグラムを更新し、アイスショーで披露した名プログラム「マンボ」の練習中の動画を公開しつつ、思いをつづっている。

「こんな気持ちにさせられるのは本当に久しぶりだった。ショーの前に練習するダイスケを見ていて気づいたんだ。僕が幼い頃からスケートを愛している理由はここにあり、これこそが真のスケーティングと言われるものだ。L.E.G.E.N.D.」

 27歳のジー。五輪に2度出場したベテランにとって、高橋の事は以前からよく知った間柄。それだけに、久々に目の当たりにする、緩急織り交ぜた巧みなステップに心を奪われていたようだ。
ファンは感動「まさしくレジェンド!」「そんな彼を見るのが大好き!」
 このジーの投稿に海外のフィギュアファンも再び胸を熱くしている。

「ダイスケの情熱と情感が私をフィギュアに夢中にさせた。あなたのスケートを初めて見た時、同じことを感じたわ!2人のレジェンド」
「これこそが、私がフィギュアに熱中した理由。アメージング」
「ダイスケは史上最高のダンススケーター。彼のSP白鳥の湖は最高だった」
「アメージング!何度も何度も見直してしまったわ…ミーシャありがとう」
「彼はリンクに感情を映し出す。そんな彼を見るのが大好き!」
「Wow 彼はアメージング」
「今季の世界選手権に出場するよう、誰か彼を説得して」
「音声なしでも鳥肌が立つ」
「傑作だ」
「まさしくレジェンド!」
「素晴らしいステップ。見ていてアゴが外れた」

 唯一無二のステップで魅了した高橋。フィギュアファンにとっては素敵なクリスマスプレゼントになったに違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください