本田真凜、アルトゥニアン・コーチの助言力にフリーで挽回へ

サンケイスポーツ によると。

 フィギュアスケート・全日本選手権 第3日(23日、大阪・東和薬品ラクタブドーム)女子ショートプログラム(SP)で18位だった本田真凜(17)=JAL=が、フリーに向けた公式練習に臨み、フリップやルッツの3回転を中心にジャンプを入念に確認した。

 フリーの曲をかけた演技では、冒頭の3回転ルッツで着氷が乱れた。その後のジャンプでは回転不足が続いて転倒もあった。

 リンクサイドで見守ったラファエル・アルトゥニアン・コーチの身ぶり手ぶりを交えた助言に熱心に耳を傾け、改善に向けてジャンプを跳び続けた。

 「自分を、コーチを信じて頑張りたい」と胸に刻む。23日のフリーには午後6時7分開始予定の7番滑走で臨む。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください