口コミで評判、無印良品の冷凍食品

集英社ハピプラニュース によると。

2018年もいよいよあと半月を残すのみとなりました。年末に向かって仕事もプライベートも家事も総決算の大詰め状態で食事もまともに摂れない日があるかと思いきや、忘年会やパーティなどでおいしいものをガッツリ飲み食いする日も多く、内臓からくたびれがちな読者のみなさまも多い時期では? とお察しします。なにより、朝・夜ごはんやお弁当を作るのも、忙しすぎて一苦労ですよね…

困ったらお試しいただきたい! ウワサの【無印良品の冷凍食品】がおいしい
そこでバイラ編集部員が目をつけたのが【無印良品】の「冷凍食品」です。お惣菜だけでなく、ごはんものやスイーツまでラインナップも豊富で、化学調味料、合成添加物、香料いずれも不使用。TwitterやInstagramをはじめ、SNSの口コミでの人気っぷりを見て、とっても気になっていた我々。試しに、気になる品をお取り寄せし、実食してみました!

彩り野菜とひじきの煮物
煮物や和え物など、作るのにちょっと手間のかかる常備菜が豊富なのも、無印の冷凍食品のうれしいポイント。枝豆やにんじんの鮮やかさに惹かれてこちらをお試し。200g¥390

実食!「彩り野菜とひじきの煮物」
「1パックで4人家族分くらいの量があり、塩味も控えめでりっぱなおかず。あと、通常は冷凍するとスカスカになってしまうこんにゃくがしっかりしていて地味に感動」(エディターO)

酢豚
「実際に作るのが面倒なものこそ試してみたい!」という好奇心に駆られて選んだこちらの酢豚。豚肉に玉ねぎ、たけのこ、きくらげ、カラーピーマンがゴロゴロ入った本格派です。170g¥390

「酢豚」を実食!
「袋ごと湯せんにかけて10分ほど待つだけで本格的な酢豚が楽しめます! 独特の“酸っぱさ”が苦手な私でも気にならないほどの食べやすさにびっくり。具とタレのバランスも◎。パートナーとのふたり家族にちょうどいい量だと思います」(エディターO)

肉じゃが
和食では定番中の定番的存在の煮物ですが“火をまわして煮るだけ”すら面倒な日はコレ! 国産じゃがいもに牛肉、玉ねぎ、にんじん、しらたきに加え、彩りに添えるいんげんまで! 175g ¥390

「肉じゃが」を実食!
「野菜も肉もしっかりした素材の味が楽しめます。これもふたりでシェアするのにちょうどいい量感。きわめて薄味なので、お子さまも食べやすいのでは」(エディターO)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください