紀平梨花へ“金言” トリノ金の荒川静香さん「もっと大成していく」

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケート女子で06年トリノ五輪金メダリストの荒川静香さんが14日、シニア1年目でGPファイナルを制した新星・紀平梨花(関大KFSC)のさらなる成長を期待した。荒川さんはこの日、アイスショー「クリスマス・オン・アイス2018」に出演し、会見を行った。

 「新しい、若い力が日本から世界に発信する、誇れる選手がまた1人、日本から誕生したことに凄い驚いているとともに、ここが彼女にとってゴールでなくて、ここからまた成長していく段階の選手というのが凄い楽しみ」。そう期待した荒川さんは「もっともっと大成していくのかと思うと、どこまで力を持っているのかと…。ホントに限界を追い求めて今、紀平選手自身も将来に向かって頑張っていると思う。その頑張りが目標、願いに届くように応援して、スケート界を一生懸命みんなで切磋琢磨して成長していければいいなと思っています」と語った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください