紀平梨花、ザギトワは「これからもっと良い演技をしてくる」

サンケイスポーツ によると。

 フィギュアスケート・グランプリ(GP)ファイナル最終日(8日、バンクーバー)女子フリーで、ショートプログラム(SP)首位の紀平梨花(16)=関大KFSC=は合計233・12点で、日本勢としては2005年の浅田真央以来となるGPデビューシーズンでのファイナル制覇を成し遂げた。

 紀平との一問一答は以下の通り。

 --演技後に「よかった」とつぶやいたように見えた

 「一つ目にミスがあっても、二つ目は切り替えることができた。そこから後はほとんど悔いはない。演技が終わったときは、うれしさが1番始めに出ました」

 --憧れの浅田真央さん以来の優勝

 「トリプルアクセルは去年から跳んでいた。本当に試合で跳ぶことが難しくて、本当に頑張って、やっと安定した。その苦労を絶対に今シーズンで晴らしたいと思っていた。アクセルという大技を選択しない方法もあったと思うけど、今はやり続けてきて良かったと思える」

 --SP1位の緊張は

 「あまりなかった。いつもだったらショートで失敗して『本当にこのままじゃダメだな』って思ってからの演技だった。それが今回はないということを頭に入れた。昨シーズンの経験で切り替えがうまくいった」

 --得点が出たときの心境は

 「『もう少し出ないかな』って思っていたけど、150点で本当にうれしかった。演技後は『優勝したい』っていう思いも出てきた。演技の前は順位を気にするといつもダメなので気にしてなかったけど、演技後は、あとは願うだけという風に思った」

 --ザギトワの1つ上に立てた

 「ザギトワ選手は、これからもっと良い演技をしてくると思う。その中でも、どんな緊張感の中でも、ショート、フリーとそろえることが大事」

 --今後に向けて

 「北京五輪で優勝という夢がある。モチベーションはすごく良い状態になっているので、それまでは安定した成績が残せるようにと思う」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください