輝き取り戻した本田真凜、ベスト発進に海外メディア興奮 「ワンダフルパフォーマー」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯が23日に開幕。女子ショートプログラム(SP)では、三原舞依(シスメックス)が67.95点で首位発進。注目の16歳紀平梨花(関大KFSC)67.64点で2位、そして65.37点で4位につけたのが17歳の本田真凜(JAL)だ。冒頭の連続3回転こそ回転不足をとられたが、シーズンベストをマーク。海外メディアも「ワンダフルパフォーマー」と絶賛している。

 前身は赤で、右手は赤、左手は黒という色違いの手袋も目立つ衣装で演じた本田。冒頭の3回転ループ―3回転トウループのコンビは回転不足になったが、ダブルアクセル、後半の3回転フリップで加点。演技後には笑顔ものぞかせた。

 3位のエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)には約2点差、トップの三原とも2.58点差で、表彰台どころか、優勝も十分に射程圏に入るSPの滑り出し。これには海外メディアからも拍手が送られている。

 ルーマニアのフロレンティナ・トーン記者が展開するスケート専門メディア「インサイドスケーティング」は公式ツイッターで「マリン・ホンダは何というワンダフルパフォーマーだ」と絶賛。さらには「我々インサイダースケーティングは彼女のジュニア時代からファンだ」と感慨深い思いも伝えていた。
「力強いスピンとフットワークを披露した」
 フィギュア専門サイト「ゴールデンスケート」も「日本のマリン・ホンダはホワイト・ストライプスの“Seven Nations Army”に乗せて、シーズンベストの65.37点を稼ぎ出した。キョウト出身の17歳は始めのコンビネーションジャンプは回転不足だったものの、力強いスピンとフットワークを披露し4位につけた」と称えた。

 ジュニア時代から注目を集めていた本田。今季から練習拠点を米国に移し、ネイサン・チェン(米国)らを指導するラファエル・アルトゥニアンコーチの元でトレーニングを積んでいる。GPシリーズ第1戦のスケートアメリカでは足のねんざの影響もあり8位に終わったが、フランスの地で新たに生まれ変わった姿を披露しようとしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください