紀平梨花、スターダムへの意外に険しい道

ダイヤモンド・オンライン によると。

 11月10日、紀平梨花がシニアデビューとなるグランプリシリーズ第4戦NHK杯で優勝。各種スポーツメディアでも大きな話題となった。兵庫県西宮市出身の16歳にフィギュアスケート関係者は、“ポスト浅田真央”として大きな期待を寄せている。

 「紀平はルックス、スタイルもよくジュニア時代から次世代のスター候補として注目されていました。最大の武器は、ジャンプの質と安定感。連続で3回転ジャンプを飛べるのは、世界でも彼女くらい。練習では4回転ジャンプも成功させています。性格も真面目で、練習熱心。若い頃の浅田を彷彿とさせます。今後の活躍次第で女子では浅田以来のスタースケーターに育つ可能性があるといわれています」(スポーツ紙記者)

 フィギュアにおけるスターの条件は、オリンピックでの活躍。紀平は、4年後の北京オリンピックまで活躍し続けられるのか。その道程はなかなか厳しいという。

 「紀平が今のスケートを4年後にもできれば、間違いなくメダル候補です。ただ女子選手は10歳代後半で体が大きく変化します。体重、体型の維持が難しくなり、ジュニアの時代に軽々と飛べたジャンプができなくなる。ジュニア時代に活躍して注目されていたのに、シニアでは伸びなかった選手もたくさんいます。そのためロシアでは、15~16歳を女子選手のピークと考え、そのタイミングでオリンピックを迎える選手を優先的に育成しているそうです。平昌で優勝したときザギトワは15歳でしたが、次のオリンピックは彼女より下の世代を出してくるのではないかといわれています。もちろん20歳を超えてからも活躍する選手もいますが、ジャンプよりも表現力で得点できるタイプ。日本選手の苦手とするところです。紀平にはジャンプのクオリティを維持しながら、表現力にも磨きをかけていってほしいと思っています」(フィギュアに詳しいスポーツジャーナリスト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください