紀平梨花、GPファイナルに照準「真央さんに近づけるように」

サンケイスポーツ によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦・NHK杯(広島県立総合体育館)で日本勢初の初出場優勝を果たしたシニア1季目で16歳の紀平梨花(関大KFSC)が快挙から一夜明けた11日、会場で取材に応じ、上位6選手で争うGPファイナル(12月6-8日、バンクーバー)出場を見据えた。

 次戦のシリーズ第6戦・フランス杯(23、24日)で表彰台に立てばファイナル出場に当確ランプがともる。「狙ってもなかった。でもチャンスができた。狙っていきたい」。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が代名詞のニューヒロインは、同じ大技を跳んだ憧れの浅田真央が15歳で最年少優勝を飾った頂上決戦へ照準を定めた。

 前夜は浜田美栄コーチや同門の宮原知子(関大)と食事し、快挙を祝う友人からの連絡に返信して深夜に床についた。「疲れが取れないな」と苦笑する。

 GP初出場初優勝は浅田でもなし得なかった。期待の新星は「誰もやったことがないことをした実感がわきません。私はまだまだ。真央さんに近づけるようにということだけを考えています」と更なる飛躍を誓った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください