紀平梨花 トリプルアクセル転倒も巻き返し69・59点「あー、最初で転んでしまった」

デイリースポーツ によると。

 女子ショートプログラム(SP)が行われ、シニアGP初出場の紀平梨花(16)=関大KFSC=が4番手滑走で出場した。冒頭、トリプル(3回転)アクセルで転倒してしまったが、気持ちを切り替え69・59点と、この時点でトップに立った。今年9月に出場したオンドレイネペラ杯でのSP自己ベスト70・79点には届かなかった。

 「月の光」にのせ、優雅に演技をスタートさせたが、冒頭のトリプルアクセルで転倒してしまう。続く3回転-3回転の連続ジャンプは着氷、3本目の3回転ルッツも着氷させた。

 注目される3回転アクセルこそ転倒はあったが、表現豊かに演じ切った。

 紀平は転倒については「あー、GPシリーズの最初で転んでしまった、と(思った」と振り返った。3回転アクセルは「朝の練習からトリプルアクセルに不安が出て、タイミングは早くなっていて、ゆがんだジャンプが多かった。その不安が出てしまった」と語った。

 紀平は今年9月のオンドレイネペラ杯では、SP、フリーの合計で今季世界4位の218・16点をマークしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください