羽生結弦、プログラムの完成度を追求も4回転半への夢「今の完成度は5%ぐらい。20%になったらできるかな」

スポーツ報知 によると。

 フィギュアスケートのグランプリシリーズ(GP)第3戦フィンランド大会男子は羽生結弦(23)=ANA=がフリー190・43点、合計297・12点で優勝。SPを含めフリー、合計すべてでルール改正後の世界最高得点をそろえた。9月のオータム・クラシック後に4回転半ジャンプの練習を封印し、プログラムの完成度を追求。新ルールでも絶対王者であり続ける。

 夢の大技を封印し作り上げたプログラムで、たたき出した世界最高得点だった。フリーでミスが続いたオータム・クラシックが転機となった。「今、こんなこと練習している場合じゃないなって気づかされた。こんなにも技術足りないじゃん、ていうのを突きつけられた」。シーズン開幕前に目標に掲げた4回転半(アクセル)の練習を排除し、完成度を追求した。

 構成の難易度を上げたうえで、転倒も回転の抜けもなく滑りきった。「4回転半を諦めるっていうことをした時点で、自分の中でかなりスイッチを入れた。これを諦めるんだから、クリーンなプログラムを絶対しろよ! っていう、プレッシャーをかけて練習してきた」。覚悟の1か月を過ごした。曲に溶け込むようなジャンプにこだわり、演目の通し練習も増やした。

 今季から採用された新ルールはジャンプの基礎点が下がり、出来栄え点(GOE)の幅が7から11段階に広がった。より完成度が重視される。ジャンプの美しさに定評がある羽生をもってしても、採点の厳しさを痛感している。「今シーズンのGOEの比重の大きさを、演技後に点数を見て改めて感じた。全部降りたじゃなくて、全部きれいに決まったって言い切れるような演技をしなくてはいけない」。フリーでは3つのジャンプにマイナスの判定がついた。得点にはまだまだ伸びしろがあるということだ。

 4回転アクセル成功の夢は捨ててなく「今季中にはやりたい」と口にした。ロシア杯、ファイナル、全日本選手権と試合が続くため「やれても全日本後。(今の完成度は)自分の中では5%くらい。ただ、5%の壁がものすごくぶ厚い。20%くらいになったら、できるかなと」。全日本選手権後に練習を再開し、埼玉で開催される来年3月の世界選手権でトライする可能性はある。

 自身初の初戦優勝で始まったGPシリーズは、次戦は16日に開幕するロシア杯。「勝たなきゃ自分じゃないので。負けていくのは絶対に嫌。しっかりまた練習しないとって、今思っています」。プログラムの質をさらに高め、今シーズンを無敗で走り抜く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください