羽生結弦、今季も「プーさんの雨」到来に海外仰天「ユヅルのSP新記録に観客狂乱」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦フィンランド大会は3日、男子ショートプログラム(SP)で五輪2連覇の羽生結弦(ANA)が106.69点の今季世界最高点をマークし、首位に立った。演技後はお馴染みのプーさんの雨が降り注ぐ壮観な光景が繰り広げられ、10袋以上に膨れ上がった贈り物の“熱狂の舞台裏”を海外メディアが画像付きで紹介。「ユヅル・ハニュウのSP新記録に観客は狂乱」と驚きをもって伝えている。

 GPシリーズの到来に合わせ、ヘルシンキに「プーさんの雨」が降り注いだ。羽生は欧州初披露となった新SP「秋によせて」を演じ切り、会心の表情を見せた。その直後だ。日の丸が無数に揺れる客席から黄色いぬいぐるみが次々と投げ込まれた。羽生が演じ切ったばかりの銀盤がみるみるうちに黄色く染まる。今年も羽生とGPシリーズがやってきた。それを感じさせるシーンだった。

 IOCが運営する五輪専門サイト「オリンピックチャンネル」は演技終了直後、リンク中央で羽生が両手を広げ、ポーズを決める中、黄色く銀盤が染まった壮観な1枚を画像付きで公開。さらに羽生が自前のプーさんを会場裏に持って引き揚げてくるシーン、10袋以上に膨れ上がったプーさんやプレゼントが集められたシーンと熱狂の舞台裏も切り取り、合わせて公開している。

 羽生のフィンランド参戦は17年世界選手権以来。以降、五輪2連覇を達成し、日本のみならず世界にファンは一層増えた。投稿では「ユヅル・ハニュウの106.69点のショートプログラムの新記録に観客は狂乱」とつづり、驚きをもって伝えている。演技のみならず、会場を自分色に染められるのが羽生の強さでもある。絶対王者が熱狂のフィンランドで力強く第一歩を踏みしめた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください