羽生結弦、V構成!ジャンプを後半へ変更「勝たなきゃ意味ない」

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケートのGPシリーズ第3戦、フィンランド大会(2日開幕)の公式練習が1日、ヘルシンキで始まり、今季GP初戦の羽生結弦(23=ANA)は本番会場で初練習した。9月のオータム・クラシックからショートプログラム(SP)、フリーともにジャンプの配置や構成を変更。より得点を稼げる必勝プログラムで臨む。3日の男子ショートプログラムで羽生は9番滑走(最終組4番手)となった。

 今季初戦の9月のオータム・クラシックは、優勝したものの不本意な内容に終わり、悔しさからともった心の炎はこの5週間でさらに強くなっていた。公式練習を終えた羽生は、より高い得点が狙えるプログラムに変更することを明かした。

 初戦ではSP「秋によせて」の曲が盛り上がる後半にスピンとステップに集中させ、ジャンプ3つは前半に組み込んでいた。しかし、今回は4回転―3回転の連続トーループを得点が1・1倍になる後半に入れる。「自分が表現したいことは譲れないので大変だったけど、後半に4回転を入れます。勝たなきゃ意味ないんで」ときっぱり言い切った。

 フリーのジャンプ構成も変える。初戦は後半3つのジャンプのうち、連続ジャンプは2つだったが、今回は4回転トーループ―トリプルアクセル(3回転半)、フリップ―トーループの連続3回転、トリプルアクセルから3回転サルコーのコンビネーションジャンプ3つを、全て後半に組み込むことにした。

 前日に現地入りしたばかりだが、本番会場での初練習では、トーループやサルコーの4回転ジャンプを何度も降りた。この5週間は十分な練習が積めたようで「いい練習ができました。技術的にも安定してきた」と自信たっぷりに語った。

 今回のGPシリーズは中国が開催を返上したため、急きょフィンランドで初開催となった。ジュニア時代に初めて国際大会に出場し、17年には世界選手権で優勝した思い出の地。「フィンランドで新たなスタートが切れたらいい」と自分自身への期待を口にした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください