「ミニマリスト」として生きるべき7つの理由

Forbes JAPAN によると。

筆者がミニマリストとして生きることに決めたのは、10年ほど前のことだ。それまでは自分の所有している物を気にすることにあまりに長い時間を費やし、必要のないものを買い集め、管理することにあまりにも多額の無駄遣いをしていた。それでも物は私に、喜びも持続的な幸福ももたらしてくれなかった。

自分の人生に集中することができない非常に大きな要因になっていたのは、私の所有物だった。そして、私が人生において最も重要なものに改めて集中するための最善の方法は、自宅からそうした余計なものをなくすことだった。

必要のない、くだらないものを捨てることの重要性を決して過小評価してはいけない。捨てることには、あなたの人生を劇的に変える力がある。

意図的に持ち物を少なくすることは、より良い生き方だ。自由、明晰さ、機会をもたらしてくれる。私たちはそれぞれ自分なりの方法で、そうした暮らしを実践することについて考えてみるべきだ。そうすべき理由は7つある。

1. 最も重要なこと追求できる

命は重要なものだ。それなのになぜ、私たちは重要ではないものを追い求め、時間を浪費してしまうのだろう。物は滅び、腐り、消えてなくなる。だが、私たちの愛や喜び、目的、貢献、思いやりといったものはなくなることがない。

これらを追い求めることで、私たちの生活はより望ましいものになる。持ち物を減らすことは、それらを追求するためのより多くの機会を与えてくれる。

2. 限りあるリソースを節約できる

人生はお金や時間、エネルギー、物理的なスペースといった限りあるリソースによって作り上げられている。人間関係や知的能力、身体能力、自然資源にさえも、限りはある。

ミニマリストのアプローチは、それらの全てに対する制約を取り除いてくれる。財布に残るお金が増え、自由に使える時間が増え、自分自身のことにもっと集中することができる。

3. 何にでも意思を持って取り組める

数えきれないほど多くのものが、私たちの生活に影響を及ぼそうとする。それらは私たちの考えや買うもの、見るもの、食べるもの、そしてどのように生きるかにまで、影響を与えようとする。

自分の生活を自分でコントロールする力を取り戻すことに、意識を向けてみよう。持ち物を減らすことは、「意図的な生活」をはじめるきっかけになる。自分の価値観を明確にしなければならないからだ。片付けることは常に、内省を伴う。自分がどれだけ作り上げられた影響力に左右されてきたかを、より明確にすることができる。

「捨てるべき」ほか4つの理由
4. 充実した人生を送れる
あらゆるものがスピードを上げ続けるこの世界で、内省するための時間を持つことはますます難しくなっている。だが、持ち物が減れば、掃除や整理整頓、修理の回数を減らすことができ、経済的な負担を減らすこともできる。充実した人生を送ることができているか確認するための、生活を見直すための時間を持つことができる。

5. 貢献に多くの力を注げる

自分が意義を見出したいと思うことについて、評価してみるのは賢明なことだ。個人的な利益のために生きる中で手にした幸福は持続しない。また、それらは完全な満足感を与えてくれるものでもない。一方で、自分が持つリソースを他の誰かの生活をより良くするために使うことで得た喜びは、消えることがない。

ミニマリズムを追求すれば必ず、自らの利益を追求するよりも他者への貢献を重視するようになるというわけではない。だが、そうした変化はずっと起こりやすくなる。

6. 変化に対する柔軟性が高まる

私と家族にはこの10年の間に、いくつかの大きな変化があった。仕事を変え、以前より小さな家に引っ越した。新しい趣味を見つけ、お金の使い方も変えた。私たちの生活を特徴づけてきた習慣の多くを変えた。こうした変化の実現を助けてくれたのが、ミニマリズムだ。持ち物を減らした生活の最大のメリットの一つは、より自由になれることだ。

7. 人に刺激を与えられる

消費主義を追求する中で、私たちの世界は本来の姿を失っている。住む家が大きくなっても、より幸福になっているわけではない。私たちは影響力よりも収入、意義よりも成功を追い求める。だが、そうした選択の結果が有害であることは、証明されている──私たちはストレスや不安、疲労感、後悔に悩まされている。

私たちには新たな刺激が必要だ。より多くの、消費者主義を否定し、人生を選択する人が必要だ。自分自身のために、家族のために、あなたを取り巻く世界のために、持ち物を減らそう。私たちのたった一度の人生には限りがある。目的を達成するために与えられたリソースも限られている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください