堺雅人、俳優の原点は“森の小鹿”? 初来日したユアン・マクレガーと夢談義『プーと大人になった僕』のジャパンプレミア

cinemacafe.net によると。

待望の初来日を果たしたユアン・マクレガーが9月5日(水)、都内で行われた主演最新作『プーと大人になった僕』のジャパンプレミアに出席し、吹き替え声優を務めた俳優・堺雅人と対面。二人は主人公である“大人になった”クリストファー・ロビンを演じている。

■待ってました! ユアンの初来日にファン大興奮

若きオビ=ワン・ケノービを演じた『スター・ウォーズ』シリーズ、青春映画の金字塔『トレインスポッティング』、大ヒットしたミュージカル『ムーラン・ルージュ』など数々の名作に出演してきたユアンだが、意外にもプロモーション来日は初めて。それだけに、日本のファンを前にしたユアンは「日本にやって来るのが夢だった。しかも、大好きなプーと一緒だなんてね」と喜びを爆発させた。

もちろん、会場に駆け付けたファンもユアンの初来日に大興奮! その熱気に応えるように、ユアンはサインや写真撮影など、丁寧にファンサービスをこなしていた。本作については「大切な時間の過ごし方を学んだ」とふり返り、「愛する人との時間を、いかにすばらしいものにするか。すべては自分次第なんだ」と語った。

■堺雅人、幼稚園のお芝居で演じたのは“森の小鹿”

実写映画の吹き替えを初めて担当した堺さんは「アフレコ中は、ユアンさんと一体化して過ごそうと思っていたので、今日こうしてお会いできて、うれしいです。初対面ですけど、すっごくいい人だとわかるし、一緒に遊んだら楽しそう」と少年時代のクリストファー・ロビンのように、瞳を輝かせた。一方、ユアンは「今後、堺さんの出演作が英語圏で公開されるときは、僕が吹き替えを担当するよ」と名乗り出て、すっかり意気投合していた。

映画の内容にちなんで、幼少期の“夢”が話題にあがると、ユアンは「9歳の頃から、役者になりたいと思っていた。だから、それが実現した僕は、とってもラッキーなんだ」と誇らしげ。対する堺さんは「まさか俳優になるとは思っていなかった」といい、「幼稚園のお芝居で『白雪姫』をやったとき、僕は森の小鹿役だったんです」と告白。「もともと、クリストファー・ロビンと同じで、自分の世界に入るのは好きだったので、俳優業とそう遠くなくて不思議ですね」と夢談義を交わしていた。

■『プーと大人になった僕』は、こんなお話…

「100歳になっても、きみのことは絶対に忘れない」と約束を交わしたプーと大親友のクリストファー・ロビン。時は流れ、大人になったクリストファー・ロビンは、ロンドンに暮らし、家庭も顧みない仕事人間になっていた。そんな彼の前に、プーが現れると、奇跡の再会から新たな冒険が幕を開けた。思い出の“100エーカーの森”で待っていたものとは? ディズニーが初めて「くまのプーさん」を初めて実写化した。

『プーと大人になった僕』は9月14日(金)より全国にて公開。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください