羽生結弦「自分のために滑る」今季テーマは「原点」憧れの皇帝、ウィアーの伝説曲で

デイリースポーツ によると。

 今年2月の平昌五輪でフィギュアスケート男子66年ぶりの連覇を達成した羽生結弦(23)=ANA=が30日(日本時間31日)、練習拠点のカナダ、トロントで練習を公開し、今季の新プログラムを発表した。フリーは自ら名付けたプログラム「Origin」。憧れの“皇帝”プルシェンコがかつての採点方法で芸術点でオール6・0(満点)を記録した伝説のプログラム「ニジンスキーに捧ぐ」などをモチーフにアレンジを加え、「自分の起源、始まりの意味を持たせた」。プルシェンコ氏には4月のアイスショーで使用の許可をもらい「ぜひ、頑張って」とエールを贈られたという。SPはかつてジョニー・ウィアーが使った「秋によせて」に決めた。ともに自身の“原点”をテーマにした。

 フリーには今季中に、自身が「1番のモチベーション」と語るクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)にも挑戦する意向で、子供の頃からの憧れや、夢を詰め込むプログラムとなる。「(五輪連覇で)結果としては満足していて、結果を残さなきゃいけないという重圧からは解放されている。これからは自分のために滑ってもいいのかなと。大変な道のりを思い返しながら、自分への恩返しのつもりで滑りたい」。今季初戦はオータムクラシック(9月21日開幕・カナダ、オークビル)を予定している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください