マックナゲット異物問題 東京・江東区の店舗でも「5ミリ」ビニール片混入

産経新聞 によると。

 青森県の1店でチキンマックナゲットにビニール片のような異物の混入が確認された問題で、日本マクドナルドは5日、別の店舗でも、客から同様の指摘を受けていたことを明らかにした。

 同社によると、昨年12月31日、東京都江東区の「東陽町駅前店」で、ナゲットを食べた女性客が、5ミリほどのビニール片のような異物が混入していたと店員に申し出ていたという。

 応対した店員がティッシュペーパーの上に異物を乗せて、運ぼうとしたところ紛失。探したが見つからなくなったという。女性客は調査を依頼せず、店員は上司に報告するなど適切な措置を取らなかった。

 青森での異物混入報道を見た女性客が5日昼、同社に連絡して発覚した。青森では、ビニール片のようなものは、青色だったが、東陽町駅前店のケースでは透明か乳白色だったという。

 マクドナルドでは製造現場では、色のついたビニールを使用。また、製造工場は調査中だが、東陽町駅前店で出されたナゲットは青森とは製造日が異なるといい、同社は「店舗で付着した可能性がある」としている。

 このため、同社は、今回は、同一工場で同一日に製造されたナゲットの使用中止の措置などは取らないとしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください