真央 現役続行へグラリ!?今がホントの「ハーフハーフ」

スポニチアネックス によると。

 今季休養しているフィギュアスケート女子の浅田真央(24=中京大)が18日、都内でイベントに参加した。2月のソチ五輪後、自身の進退について「ハーフハーフ」としていた浅田はこの日も同じフレーズを使ったが、意味合いが変化。これまで以上にスケートへの意欲を言葉に込めた。アイスショーに向け、10月には本格的な練習を再開。“ハーフハーフ第2章”を経て、決断を下す。

 新語・流行語大賞の候補にもなった“あの言葉”の意味合いが、浅田の中で大きく変わっていた。2月のソチ五輪後、会見で自身の進退について「ハーフハーフ」と発言。当時を振り返り、「とっさのことで、(今後は)分からない思いも込めて言った」と真意を明かした。この日も同じフレーズを使ったが、中身は違う。アイスショーに向け、10月半ばに本格的に練習を再開。「ジャンプの調子も上がってきて、より一層ハーフハーフの思いが強くなってしまった」と明かした。

 自身の気持ちがどうなるか、浅田にも分かっていなかった。ソチ五輪後は「(スケートを)続けていきたいという気持ちはなかった」と言う。今春、休学していた中京大に復学。今夏までのアイスショーが一段落すると、リンクから離れた。10月半ばからの氷上練習で、あらためて感じた。「スケートが好き。スケートとともに成長してきた私なので、欠かせないもの」。まだ競技レベルのトレーニングには至っていないが、かつてとっさに口にした「ハーフハーフ」は今、文字通り現役続行の可能性が50%ということを示している。

 21日からは「クリスマス オン アイス」(新横浜スケートセンター)で現役を引退した高橋大輔と共演。年明けにもアイスショーに出演する。「たくさんの方に見てもらって、パワーや元気を与えていけたら。スケートとともにまだまだ歩んでいこうと思う」。ソチ五輪後に一度失ったスケートへの意欲が戻ってきた。「ハーフハーフ第2章」がスタートし、浅田がじっくり自らと向き合う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です